【サンムーン】物理受けバンバロド【育成】

育成後実数値

H252 B252

207-145-167-75-105-48

とつげきチョッキ

技構成

じしん・ヘビーボンバー・いわなだれ・カウンター

物理のポケモンを受けつつ、倒していく型になります。

私のPTだと鋼タイプ・電気タイプに弱いのでそれを補う役割もあります。

物理であればかなり受けることができます。

技の範囲も結構広いため、いろいろなタイプに抜群が取れるのも強みです。

基本は耐久ぶりですが、Aの種族値は素でもある方なのでダメージ計算などをしてAに振るのもありだと思いました。

耐久ぶりのため火力が控えめなので、ハッサムなどが倒せそうで倒せない範囲になってしまいます。なので、いざという時のためのカウンターを覚えさせています。

剣舞はねやすめハッサムには気をつけましょう。

使ってみた感想

等倍物理なら受けとしても出しやすいので受けて「じきゅうりょく」発動させ耐えながら攻撃という場面が多いですね。

チョッキ持ちのため、特殊にもそこそこ強いです。等倍であれば、高火力の相手でない限り一回ダメージを与える余裕はあるかな~といったところ。まあ、特殊だとわかったら抜群取れない相手にはつっぱらないほうが良さそうです。

眠る以外の回復技があればな~と思いました。

道具はチョッキ以外にもオボンまたはフィラのみ系統のきのみ・ゴツメなども面白そうです。

 

次育成したいポケモン

守りはできてきたので、今度はアタッカーメインに「コータス」を育成予定です。

炎タイプがいなかったのと、特性のひでりがPTのサポートに良さそうだったので思いつきました。Z技持ちを育成しようと考えています。

バンバロドと良く組ませているポケモン

 

pkblog.hatenablog.com

 火力不足なので積みの起点になることもあります。

そんなときはナマコブシにチェンジして、どうにかします。

メガギャラドスには注意。

 

pkblog.hatenablog.com

 蝶舞バトンから繰り出すと耐久が結構なものに。

3回くらい積むと意外な相手を抜けたりするけど、そんなに待ってる暇はないw

1舞からのバトンでつなぐと特殊にもかなり有利に!炎・電気に強くなるだけでだいぶ違います。

【サンムーン】守って戦うナマコブシ【育成】

育成後実数値

ずぶとい HB252D4

162-72-200-50-150-22

@オボンのみ

技構成

どくどく いたみわけ カウンター みずびたし

防御がすごく高くなるのでカウンターしたいなと思い、カウンターを入れたナマコブシです。

基本的な戦い方はみずびたしでタイプを変えてどくどく→いたみわけ。

物理は一発受けてカウンターで行けそうならカウンターを決めましょう。

じこさいせいではなく、いたみわけを選んだのは少しでも相手の体力を減らすためです。

ちょうはつが怖いですが、ないとわかればいろいろできる技構成です。

オボン持ちなので、一致抜群をくらわない限りは数回耐えます。

使ってみた感想

なんかすごく強い!今まで受けることのできなかった相手を、ほぼ受けることができるようになりました。耐久が高いってやっぱりすごいですね。てんねんとの相性もいいので使い勝手がとてもいいです。

みずびたしを決めることができればかなり受けやすくもなりますし、みず複合タイプも水単にすることができるので意外なところで役に立ちます。

ぎりぎりまで耐えてからのいたみわけも決まると気持ちいいですね。

ランダムフリーの勝率が少し上がりましたw

【サンムーン】ミミッキュって育成のおともにおすすめだと思う

育成ポケモンが最近たまってきています。

前までは四天王でレベル上げしていたのですが、頑丈持ちとか倒すのに苦戦するポケモンが地味に多いんですよね^^;

他にいい場所ないか探していたら、バトルツリー前の草むらを見つけました。

ミミッキュがすこく役に立つ

出現ポケモンは、ペリッパー・デカグース・ゴルダック・キテルグマ・グランブルなどです。

そこで、ここのポケモンを倒すのにいいポケモンはいないか探しているとミミッキュが浮かびました。

等倍~抜群が取れるシャドクロ+じゃれつくが使える。

ばけのかわで一回は技を無効化できる。

これらの利点があり、レベルは60くらいあればSもだいたい抜いているので戦いやすいです。グランブルは威嚇があって倒すのが面倒なので逃げるのかいいです。

技ともちもの

シャドークロー・じゃれつく・みがわり・いたみわけ(爪とぎなどでも可)

バトルツリー前でのレベル上げにおいて、上にも書いたようにシャドクロ+じゃれつくで全てのポケモンに等倍以上でダメージを与えることができます。

じゃれつくは等倍以上が取れるため強化してZフェアリーをもたせます。ある程度レベルが上っていれば一撃で倒せます。命中も安定するのでおすすめです。

あとは、キテルグマ対策に身代わりを入れておきます。最後はご自由に私はいたみわけを入れていますがレベルが上がると不要になってきます。

ミミッキュが一番倒しやすい相手

それはこのブログのタイトルにあるキテルグマです。

ゴーストタイプのポケモンであれば、レベル1でどくどくを覚えさせれば勝てます。

キテルグマの覚えている技で、いたみわけ以外は全て効果がないんですよね。

そして、ミミッキュで戦うときは必ず身代わりを最初にします。これはいたみわけ対策です。身代わりをしてじゃれつくをしましょう。

私は今90レベルくらいのミミッキュを使っていますが、もふもふであれば耐えられます。HPの減り方ですぐにわかります。

もふもふのキテルグマを見つけられれば、そこから連鎖で一気にレベル上げができますよ。

相手のPP切れが来ない限りは、安定して経験値を稼ぐことができますよ。

あと、ミミッキュのPPもあまりおおい方ではないのでヒメリのみをしっかり育てておきましょうwレベル上げに困ったときは試してみてください!

 

 

 

【サンムーン】命の珠キテルグマ【育成】

育成後実数値

いじっぱり H194A252S62

219-194-100-55-79-88

@いのちのたま

技構成

いたみわけ すてみタックル アームハンマー(ばかぢから) じしん

いろんなキテルグマを育成しましたが、ノーマル技を切った型ばかりでした。

なので今回はすてみタックルを採用して、今までダメージを与えにくかった範囲に攻撃できるよう育成しました。

今まで育成してきたキテルグマは、受けが多かったですが今回は純粋にアタッカーです。

ゴーストにはいたみわけを使ってみようかな~と思い採用しました。せっかく覚える技なので使ってみたいのもあります。

アームハンマーは様子を見てばかぢからに変更するかもしれません。Sダウンと命中不安定な部分が気になりますね。

蝶舞バトンしてから上から倒しにかかりたいそんな型です。Sが高ければを補ってくれるアブリボンをうまく使ってつなげたいところです。そうなるとやっぱりばかぢからのほうがいいのかな~とまだ考え中です。

努力値配分+持ち物

努力値は基本はASブッパですが、今回は珠調整して残りはSに振りました。

Sの部分はBでもいいかもしれません。今回はHぶりだけなのでどれだけ耐久が下がっているかが気になりますが、その分珠持ちAブッパで攻撃はかなりアップしているのでうまく戦って倒したいですね。

【サンムーン】蝶の舞アブリボン【育成】

育成後実数値

おくびょう H252 B108 S148

167-63-94-115-90-179

@ムシZ

技構成

ちょうのまい バトンタッチ かふんだんご ムーンフォース

相手を見て大体は抜けるので、舞って攻撃、舞ってバトンどちらでもできるのが強みです。

攻撃は相手の体力半分くらい持っていければいいかなくらいです。私のPTは鈍足ポケモンが多い為、蝶舞バトンで上から攻撃できるようにサポートがメインです。

虫技はさざめきではなく、かふんだんごにしました。威力は同じですが、PPが多いのとアブリボン専用の技のようだったので採用しました。

努力値配分+もちもの

Sは最速ラティ抜きです。まだいませんが、出てきたら対策するのが大変そうなので、先に育成することにしました。

舞バトンをしたかったので、残りはHBに振り耐久を少しでも上げるよう振りましたが実数値をみて、特に耐久調整はしていなかったのでB部分はCでも良かったかなと思いました^^;

 

持ち物は、ムシZにしました。ちょうまいを積んでも6~7割くらいしか削れなくて回復してきたときなどにZ技だと突破もできるのでいざという時に結構強いです。

確実に落とせる範囲まで削れてしまうと戻されますが、中途半端だと居座ってくれるのでそこでZ技をおみまいです。Z系は、はたきおとせないのもいいですよね。

 

使ってみた感想

蝶舞バトンがよく決まるので、後続が強い!特にバトン先がベトベトンの時が楽しいです。チョッキ持ちのベトベトンなのでかなりの特殊耐久。自分が相手になると嫌なパターンのベトベトンになります。

 

あと、居座り系のポケモンにも強いな~と使ってて思いました。ねっとう耐久型のポケモンにはかなり強かったです。先制で蝶舞ができるのが大きいですね。危なくなってっもすぐバトンがつなげるのも大きいです。

 

かふんだんご→むしのさざめきの方がいいのか・・・

やどりぎみがわりエルフーンに何度か遭遇して思いました。とりあえずはかふんだんごのままで使おうと思いますが、もしかすると変更の可能性はあり、または技構成を変えて育成予定です。

 

【サンムーン】サポート型アメモース【育成予定】

育成のきっかけ

私のPTは、後攻になる場合が多かったため対策できないか考えていました。

この前バトルツリーに行った時、相手のツボツボが「ねばねばネット」という変化技を使ってきてこれは使えるのではと思い調べるとアメタマが覚えることが分かりました。

アメモースになると覚えないので気をつけたいですが、技の効果が以下のようなものです。

 使用後、相手はポケモンを交代する度に、出てきたポケモンの『すばやさ』ランクが1段階下がる。『ひこう』タイプや特性『ふゆう』のポケモンは影響を受けない。

 一回使えば効果が持続するというのは大きいなと思いました。

てっきり今作の技かと思ったら前作だったんですね。XYはやっていなかったのでわかりませんでした。

ひこうはそこそこ対策はできているし、ふゆうのポケモンにもそこまで困ることがなかったので育ててみようと思いました。

 

技構成(予定)

アメモースの技は、ねばねばネット・とびかかる・ねっとう(れいとうビーム)・エアスラッシュ(どくどく)

 

とびかかるは、ジスクモ(Lv.37)からの遺伝になります。

ねっとう部分はれいとうビームにしようかどうするかはまだ考えているところです。

まずは、ねっとうで使ってれいとうビームのほうが使えそうならそちらを採用するかもしれません。

エアスラッシュも場合によってはどくどくに変更するかもしれません。

 

努力値配分+もちもの

おくびょう H4C252S252

もちもの きあいのタスキ

今作CS部分が+20されたみたいですね。今まで使ったことがなかったので、まずはどんな感じか使ってみようということで確実に立ち回れるきあいのタスキをもたせる予定です。

個人的には、使いたい変化技の多いポケモンです。今回はサポートメインですが、蝶舞バトン型とかも作ってみたいです。岩4倍なので、ステロなどには気をつけたいですね。そう考えるとやっぱり初手選出が多くなりそうです。

基本的な動き

特性・技構成とも相手のステータスを変化させるものが多いので、きあいのタスキを持たせて足場を固めるサポートに近い役割です。

ラストに残してしまうと相性が良くない限り、役割が持てないので基本は初手にかけての選出でしっかりネットを貼ります。

その後は、攻撃または相手の手持ちに物理がいそうな場合は一旦引いて威嚇+とびかかるで後続につなげます。

ネットありでだいたい抜けるとは思いますが、火力はあまりないのでラストには残さないように気をつけたいところです。あと、先制技でも結構ダメージを受けると思うので気をつけないといけませんね。